フォークリフト用カメラシステム

倉庫や物流センターでは、効率よい作業が要求されます。倉庫において高い効率性を維持するためには、すべてのフォークリフトが最適な安全性と最高のパフォーマンスを発揮する必要があります。Orlaco のカメラモニターシステムは、あらゆるタイプの車両に理想的なビジョンソリューションを提供します。頭や体の向きを変えることなく、積荷や棚、通路を確認することができるよう、快適な環境を提供し、効率よい作業を支援します。当社は、安全性、効率性、快適性の向上を目指し、あらゆる状況に対応する高品質のプロフェッショナルビジョンソリューションを設計・開発しています。

Vision is our Mission®(ビジョンは使命)

Orlaco は、適切な視野を確保するためのシステムが、すべてのフォークリフトや幅狭通路用車両に搭載されることが理想であると考えています。Orlaco は世界中の OEM 各社と連携して、カメラモニターシステムの統合を進めています。さらに、アフターマーケットに特化した標準およびカスタムカメラシステムの開発および製造を手掛けています。

当社のカメラモニターシステムは、最高の品質基準に従って開発・製造されています。IATF 16949 などの国際的な自動車規格に準拠しているほか、APQP/PPAP などの品質管理プロセスを採用しています。

お問い合わせ

Orlaco のカメラシステム

Stoneridge-Orlaco のプロフェッショナルカメラシステムのラインナップをご覧ください。製品の詳細は、各担当までお問い合わせください。

フォークビュー

フォークビューシステムは、右フォーク内側にカメラを設置し、キャビン内のモニターでフォークの位置を確認しながら作業することで、差し込み位置を間違うことなく、正確で早く、安全なパレットの積上げや積下ろしを可能にします。正確な作業でパレットの損傷を抑え、オペレータの快適性と作業効率を高めることで、採算性の向上も可能にします。

ビューオンフォーク

ビューオンフォークシステムは、フィンガーバー中央にカメラを設置し、フォークやフロントエンドアタッチメントを、キャビン内のモニターで確認することを可能にします。このシステムで荷物の積上げ/積下ろしに最適なフォークの差し込み位置を確認しながら作業することで、荷物の損傷や事故のリスクを抑えます。

ミッドマストビュー

ミッドマストビューカメラは、マスト下部中央にカメラを設置し、フォークやフロントエンドアタッチメントの状況を、キャビン内のモニターで確認することを可能にします。このシステムは、差し込み位置の確認を容易にし、正確で効率の良い、安全な積上げや積下ろしを可能にします。モニターで確認しながら作業することで荷物の損傷を防ぎ、より快適な作業を可能にします。

フロントビュー

主に通路の狭い倉庫内で使用されるリーチ式フォークリフトは、オペレータの位置から車両前方が見えにくく、通路がほとんど、時にはまったく見えなくなることがあります。Orlaco のフロントビューカメラシステムは、車両前方の死角をなくして視界を確保することで、オペレータや作業員、車両や荷物、設備の損傷を防いで、安全性と作業効率の向上を図ります。

リアビュー

Orlaco のリアビューカメラを搭載することで、車両後方の作業エリアに良好な視界を確保し、より安全な後進を可能にします。これにより、狭い倉庫内での作業員のケガ、車両や荷物、設備の損傷リスクを抑えることが可能になります。常時表示や手動切替はもちろん、ギアをバックに入れた時に、キャビン内のモニターを自動的にリアビューに切り替える自動切替にも対応しています。

RadarEye

フォークリフトに RadarEye とカメラを搭載することで、後進時の安全性が高まります。当カメラシステムにはレーダーが搭載されており、危険な状況を検知して、映像と音声でオペレータに警告します。また、システムに複数のセンサーを追加することで、車両周囲の危険エリアをより広く検出することが可能になります。

カスタムビジョンソリューション

Orlaco のカメラモニターシステムは、ご紹介した標準のビジョンソリューション以外にも、さまざまな組み合わせや変更に対応しています。カスタムソリューションの詳細は、弊社または代理店の各担当までお問い合わせください。