建設クレーン用カメラシステム

クレーン作業における安全性と作業効率向上の重要性が高まっています。Orlaco の革新的なカメラシステムは、ウィンチ、フック、積荷、機械後方や側面の視野を確保しながら、安全性と作業効率を改善し、オペレータの快適性を向上させます。Orlaco のカメラシステムにより、オペレータは、クレーン付近の人や物をいち早く確認し、対応することが可能になります。当社は、安全性、効率性、快適性の向上を目指し、あらゆる状況に対応する高品質のプロフェッショナルカメラシステムを開発しています。

Vision is our Mission®(ビジョンは使命)

Stoneridge - Orlaco は、適切な視野を確保するためのシステムが、すべての建設機械に搭載されることが理想であると考えています。Stoneridge-Orlaco は世界中の OEM 各社と連携してカメラモニターシステムの統合を進めています。さらに、アフターマーケットに特化した、標準およびカスタムのカメラシステム開発および製造を手掛けています。当社のカメラモニターシステムは、最高の品質基準に従って開発・製造されています。IATF 16949 などの国際的な自動車規格に準拠しているほか、APQP/PPAP などの品質管理プロセスを採用しています。

お問い合わせ

Orlaco のカメラシステム

Stoneridge-Orlaco のプロフェッショナルカメラシステムのラインナップをご覧ください。製品の詳細は、各担当までお問い合わせください。

ロードビュー

ロードビューカメラをブームの先端からフック方向に下向きに設置することで、作業エリアに集中することが可能になります。クレーンのオペレータは、クレーンや積荷がどこにあるかに関わらず、キャビン内のモニターで吊り上げ時の状態を確認することができます。このカメラにより、オペレータはあらゆる工程を目視しながら作業を進めることが可能になります。

ウィンチビュー

建設クレーンのウィンチビューシステムにより、ウィンチなどのケーブルに最適な視界を確保します。このシステムは、ケーブルの引出しと巻戻しを監視しながら、ラインの損傷を防止するのに効果的です。モニターを一度タッチするだけで、クレーンの周辺映像と簡単に切り替えることができます。

CornerEye®

フロントミラーやコーナーミラーはもはや不要です。Orlaco が独自に開発した CornerEye を使えば、車両前方と側方の死角もはっきりと確認できるようになります。システムに、最新技術を駆使した超広角レンズを採用することで、270 度の視界を確保します。自転車や歩行者も鮮明に確認でき(Class V/VI 対応)、安全な左折も可能にします。そのため渋滞時でも、効率のよい、快適な運転が可能になります。

MirrorEye®

MirrorEye は、サイドミラーに代わる革新的なインテリジェントカメラシステムです。MirrorEye は、ナイトビジョン対応の高解像度カメラと自動パン機能を備え、ドライバーの視認性を高めます。システムはコンパクトかつ軽量で、設計に空気力学を応用しているため、従来のサイドミラーを搭載した車両よりも燃費性能が向上します。

MirrorEyeの詳細

リアビュー

Orlaco のリアビューカメラを搭載することで、車両後方の作業エリアに良好な視界を確保し、より安全な後進を可能にします。常時表示や手動切替はもちろん、ギアをバックに入れた時に、車内のモニターを自動的にリアビューに切り替える自動切替にも対応しています。

リアビュー カメラの詳細

RadarEye®

モバイルクレーンに RadarEye とリアビューカメラを搭載することで、後進時の安全性が高まります。当カメラシステムにはセンサーが搭載されており、危険な状況を検知して、画像と音声で警告します。また、システムに複数のセンサーを追加することで、車両周囲の危険エリアをより広く検出することも可能になります。また、システムを車両横の死角確認の補助として使うことで、自転車や歩行者を検知し、巻き込みリスクを軽減することが可能になります。

フロントビュー

Orlaco のトラック用フロントビューカメラは、フロントミラーを置き換えるカメラシステムです。このカメラは、Class VI エリアを完全に視覚化するため、自転車や歩行者も見逃しません。Orlaco フロントビューカメラをモバイルクレーンに搭載することで、死角を可視化して、良好な前方の視界をドライバーに提供します。

サイドビュー

Orlaco のサイドビューカメラをトラックに搭載することで、トラック真横の状況や、接近してくる車両の確認を容易にし、右左折や車線変更時の安全性と快適性が向上します。また、サイドビューカメラを使うことで、歩行者や障害物をはっきりと確認でき、より安全で、効率よく、快適な運転操作が可能になります。このカメラモニターシステムをフロントビュー/リアビューシステムと組み合わせることで、さらなる視界の最適化を可能にします。

サラウンドビュー

Orlaco のサラウンドビューシステムは、車両全周の状況をリアルタイムで把握することを可能にします。ソフトウェアによる画像合成を使用しないため、画像の境目に重複ブレや、歪みのない画像表示が可能です。ディスプレイは様々な画面レイアウトに対応し、方向指示器や走行速度に応じて切り替えることも可能です。これにより、車両近くの人や物を常にリアルタイムで表示することが可能です。

カスタムビジョンソリューション

Orlaco のカメラモニターシステムは、ご紹介した標準のビジョンソリューション以外にも、さまざまな組み合わせや変更に対応しています。カスタムソリューションの詳細は、弊社または代理店の各担当までお問い合わせください。