ForkView:フォークリフトの荷役作業効率向上

フォークリフト用 ForkView カメラシステムは、荷役作業を効率化し、事故リスクを回避します。Stoneridge-Orlacoの堅牢かつコンパクトなカメラモニターシステムは、フォークを可視化することで、効率的な荷役作業を支援します。ForkViewの導入により、倉庫内の安全性を高め、荷物の移動時間を短縮し、人間工学に基づいた快適な作業環境を実現します。

安全性の向上

フォークリフト周囲の視界不良は、現場における荷役作業の最大の事故リスクの1つであると言われています。荷役作業中のフォークリフトは、前方の視界が遮られ、多くの死角が発生します。フォークリフトにカメラを装備することで、車両前方のフロア状況を可視化し、安全性向上を図ります。カメラによって障害物や死角となり得る場所を明確にし、事故リスクを回避します。

人間工学的な配慮

人間工学に配慮して設置されたモニターにより、楽な姿勢で鮮明な視界を確保することが可能です。キャブから乗り出すような無理な姿勢を取ることなく、モニターに映し出されたフォークカメラの映像を確認することで、オペレータの首や肩への負担が軽減され、生産性が向上します。

堅牢な品質

ForkViewは、カメラ、モニター、ダイナミックケーブルで構成されています。カメラシステム全体が防水、耐衝撃性能を備え、極端な温度条件下(-40℃~+85℃)でも動作します。このため、ForkViewは冷凍倉庫などの過酷な状況にも適しています。

作業時間を半減

カメラシステムで良好な視界を確保すると、荷役作業の効率化と生産性の向上につながります。ForkViewを使用すると、カメラシステムを使用しない場合に比べて2倍の速度で作業を完了できます。操作性を改善し、車両の損傷リスクを回避することで、将来的な事故リスクコストの削減を図ります。

HMOSおよびHLEDによるデジタルミッドマストビュー

GMSLミッドマストビューシステムは、HMOSカメラをマスト下部中央に取り付け、キャブ内フレームに設置した7インチHLEDヘビーデューティモニターでフォークの位置を確認します。ミッドマストビューカメラは、パレットとフォークの位置を確認しながら、車両を適切な位置へ移動させ、安全な積み込み・積み降ろしを可能にします。


Download our leaflet (pdf)

複数のビジョンソリューション

Stoneridge-Orlacoは、フォークリフト用の各種ビジョンシステムを開発しました。用途、運転手の要件、フォークリフトのタイプに応じて、フォークビュー、ビューオンフォーク、ミッドマストビューのオプションをご利用いただけます。

フォークビュー

フォークビューシステムは、右フォーク内側にカメラを設置し、キャビン内のモニターでフォークの位置を確認しながら作業することで、差し込み位置を間違うことなく、正確で早く、安全なパレットの積上げや積下ろしを可能にします。正確な作業でパレットの損傷を抑え、オペレータの快適性と作業効率を高めることで、採算性の向上も可能にします。

ビューオンフォーク

ビューオンフォークシステムは、フィンガーバー中央にカメラを設置し、フォークやフロントエンドアタッチメントを、キャビン内のモニターで確認することを可能にします。このシステムで荷物の積上げ/積下ろしに最適なフォークの差し込み位置を確認しながら作業することで、荷物の損傷や事故のリスクを抑えます。

ミッドマストビュー

ミッドマストビューカメラは、マスト下部中央にカメラを設置し、フォークやフロントエンドアタッチメントの状況を、キャビン内のモニターで確認することを可能にします。このシステムは、差し込み位置の確認を容易にし、正確で効率の良い、安全な積上げや積下ろしを可能にします。モニターで確認しながら作業することで荷物の損傷を防ぎ、より快適な作業を可能にします。

カメラ

用途に応じて、CFMC、CPH、FAMOS、HMOS GMSLカメラをご用意しています。各カメラには高感度のCMOSセンサーが搭載されていて、あらゆる状況下で最適な映像を提供します。

CFMCフォークリフトカメラ

CFMCカメラは特殊なステンレス筐体で覆われたヘビーデューティ用カメラで、フォーク内側に取り付けます。このカメラは、リーチおよびサイドフォークリフトのフォークビューシステムに使用します。

CPHピンホールカメラ

CPHカメラは、フォークキャリッジまたはマストセクション内側に取り付ける、きわめて過酷な状況で使用するヘビーデューティ用カメラです。このカメラは、リーチおよびサイドフォークリフトのビューオンフォークおよびミッドマストビューシステムに使用します。

FAMOSコンパクトカメラ

FAMOSカメラは、マストまたはフォークキャリッジのさまざまな場所に取り付け可能な、汎用性の高いカメラです。このカメラは、リーチフォーク、サイドフォーク、フォークリフトのビューオンフォークおよびミッドマストビューシステムに使用します。

HMOS GMSLデジタルカメラ

HMOS GMSLカメラは、マストまたはフォークキャリッジのさまざまな場所に取り付け可能な、汎用性の高い無遅延デジタルカメラです。このカメラは、リーチフォーク、サイドフォーク、フォークリフトのビューオンフォークおよびミッドマストビューシステムに使用します。

ケーブル

Stoneridge-Orlacoは、ForkViewシステムにダイナミックマルチケーブルを採用しています。ダイナミックマルチケーブルは、曲げや巻きが頻繁に発生する、ヘビーデューティならではの過酷な環境に耐えられるよう専用設計されています。ケーブルリールやフォークリフトのマストに最適な設計が施されています。ケーブルシールドにより高度なEMC要件を満たし、耐油性で、成形防水コネクタを備えています。

ダイナミックマルチケーブル

ダイナミック4極マルチケーブルはアナログシステムに使用します。このフレキシブルケーブルは、マストおよびケーブルリールからの配線に適しています。

ダイナミックGMSLマルチケーブル

ダイナミックGMSLマルチケーブルは、デジタルGMSLシステムに使用します。このフレキシブルケーブルは、マストおよびケーブルリールからの配線に適しています。

モニター

Stoneridge-Orlacoの堅牢なモニターは、耐衝撃・耐振動性能を備え、周辺光に応じて輝度を自動調整します。また、温度が大きく変化する環境でも適切に動作し、冷凍倉庫などでの使用も可能です。各カメラ映像にマーカーラインを追加して、適切な距離や位置決めが可能です。すべてのモニターに専用ブラケットが付属しています。

RLEDモニター

7インチRLEDモニターは、キャブ内のフレームに搭載されるヘビーデューティモニターです。このモニターは、アナログシステム用です。

HLED GMSLモニター

7インチHLEDモニターは、キャブ内のフレームに搭載されるヘビーデューティモニターです。このモニターは、デジタルシステム用です。