Vision is our Mission®

Stoneridge-Orlaco は世界中の OEM 各社と連携してカメラモニターシステムの統合を進めています。さらに、アフターマーケットに特化した、標準およびカスタムのカメラシステム開発および製造を手掛けています。当社のカメラモニターシステムは、最高の品質基準に従って開発・製造されています。IATF 16949 などの国際的な自動車規格に準拠しているほか、APQP/PPAP などの品質管理プロセスを採用しています。

お問い合わせ

Orlaco のカメラシステム

Stoneridge-Orlaco のプロフェッショナルカメラシステムのラインナップをご覧ください。製品の詳細は、各担当までお問い合わせください。

RearView

土木機械にOrlacoリアビューカメラを搭載すると、クレーンの後ろの作業エリアがよく見え、より安全に後進できます。常時表示や手動切替はもちろん、ギアをバックに入れた時に、車内のモニターを自動的にリアビューに切り替える自動切替にも対応しています。

ツールビュー

Toolviewを使用すると、マシンのツールをよりよく表示でき、何倍も効率的に作業できます。 ツールビューカメラの助けを借りて、掘削作業をより速く、より良く実行することができ、材料の積み込み、持ち上げ、または積み降ろしを支援します。 ビデオケーブルを敷設できない場合は、システムにワイヤレスビデオ接続を装備できます。

側面図

操縦中および旋回中、オペレータは機械の側面の視界が限られています。 Orlaco のサイド ビュー カメラは、機械のすぐ隣のエリアを映します。 カメラシステムにより、すべての操作がより安全、効率的、快適になります。 障害物や人は常にはっきり見えます。 このカメラ モニター システムは、ビューをさらに最適化するために、当社のリア ビュー カメラと組み合わせることもできます。

レーダーの目

モバイル土工機械に RadarEye とリアビューカメラを搭載することで、後進時の安全性が高まります。当カメラシステムにはセンサーが搭載されており、危険な状況を検知して、画像と音声で警告します。また、システムに複数のセンサーを追加することで、車両周囲の危険エリアをより広く検出することも可能になります。また、システムを車両横の死角確認の補助として使うことで、自転車や歩行者を検知し、巻き込みリスクを軽減することが可能になります。

正面図

当社のフロント ビュー カメラを使用すると、機械の前で何が起こっているかを常に明確に把握できます。 たとえば、ホイールローダーのバケットは視界を遮り、前方の領域が見えにくくなります。 フロント ビュー カメラは障害物を見渡し、機械の前の環境を広く見渡すことができるため、衝突を回避し、より効率的に作業できます。

サラウンドビュー

Orlaco の SurroundView システムは、遅れることなく機械の周囲 360° の全体像を提供します。 画像はソフトウェアによってマージされないため、マシンの周囲のすべてがぼやけて歪んだオーバーラップなしで表示されたままになります。 画像はさまざまなレイアウトで配置でき、方向指示器および/または速度に基づいて切り替えることができます。 したがって、車両の周囲の人や物は常にリアルタイムで画像に表示されます。

カスタムビジョンソリューション

Orlaco のカメラモニターシステムは、ご紹介した標準のビジョンソリューション以外にも、さまざまな組み合わせや変更に対応しています。カスタムソリューションの詳細は、弊社または代理店の各担当までお問い合わせください。