MirrorEye™:サイドミラーに代わるカメラシステム

MirrorEyeカメラシステムは、バスや客車の安全性と、燃費性能を向上します。MirrorEyeは、クラスII、IV、Vのミラーよりも広い視界を確保し、安全性を高めます。良好な視界により、操縦性を改善し、あらゆる交通状況下での快適な運転を可能にすることで、運転手や他の道路利用者の安全性が向上します。

お問い合わせ

サイドミラーに代わるMirrorEye

MirrorEyeは、車外に設置する高解像度(HD)カメラ2台と車内モニターで構成されています。サイドミラーの代わりにこれらのカメラを使用し、車内のウィンドウピラーに設置したHDモニターに分割画面を映し出すことで、法定のクラスIIおよびIVのミラーと同等の視界を確保します。遅延のないカメラ映像がモニターに表示されるため、車両側方と後部の道路利用者を最高レベルの視界で確認できます。MirrorEyeシステムは、高解像度カメラでより広い視野を確保するため、従来型のミラーよりも視認性が高まります。このため、カメラモニタリングシステムは、道路交通の安全性を向上させます。

また、Orlaco の独自設計により、クラスV用のカメラを同じハウジング内に追加で装備し、運転席側方の死角を可視化することに成功しました。これにより事故リスクを未然に防ぐことが可能になります。

常に鮮明な映像を表示

MirrorEyeは、曇天、降雨、降雪時および粉塵の多い環境でも、細部まで鮮明な映像を表示します。トンネル内でも明暗の状況に応じてカメラを簡単に調節できるとともに、夜間の視認性も最適に確保します。また、高品質なナイトビジョン機能により、従来型のミラーと比べて、夜間の周囲の交通状況に応じて良好な視界を確保できます。

HD映像の無遅延表示

MirrorEyeは、車両固有のインターフェイスに接続できる高解像度のカメラユニット2台で構成されています。堅牢なカメラは50 Gの耐衝撃・耐振動性能と、IP69K等級の防塵・防水性能を備えており、-40℃~+85℃の温度範囲で動作可能です。カメラからのHD映像は、2台の12.3インチモニターの分割画面に遅延なく表示されます。

MirrorEyeによるコスト削減

MirrorEye のコンパクトな設計と視認性の向上は、保有車両の損傷を防ぎ、運用期間を延長します。また、空気力学を応用した設計は、車両の燃費性能を向上します。これらすべては、車両の総所有コストの大幅な削減につながります。

パン機能

トラック用MirrorEyeはパン機能を搭載しています。 この機能は、トラックが方向転換または後進しているときにクラスIIの画像を自動的に外側にシフトし、ドライバーがこれらの操作を実行するときに、主にトレーラーの表示に制限されることなく、より良い視界を提供します。 MirrorEyeはミラー調整を過去のものにし、ドライバーに快適な作業環境を提供します。 モニターの最適な配置のおかげで、サイズに関係なく、すべてのドライバーは常にHDカメラ画像の優れたビューを得ることができます。 モニターは直接視界に設置されているため、体や頭を不快に回転させる必要がなくなります。

CornerEyeで完全にミラーフリー

トラックを完全にミラーフリーにするために、MirrorEyeにCornerEyeカメラシステムを追加して、トラックの前面と側面の領域を表示することができます。 1台のカメラでミラークラスVとVIを十分にカバーします。 カメラモニターシステムとして、CornerEyeはフロントミラーの代替品としての使用が承認されています。 広い視野のおかげで、CornerEyeは従来の外部ミラーと比較して優れた視認性と画質を提供します。 視界が良くなると、あらゆる交通状況で快適に運転し、操作しやすくなり、ドライバー、乗客、その他の道路利用者の安全性が向上します。